青汁を美味しく摂取するためのレシピ

朝食抜きを実践するなら青汁を飲む!

青汁は、摂取方法を工夫することで、よりおいしく飲むことができます。

シンプルな飲み方として水やお湯に混ぜて飲む方法がありますが、そこに甘み成分を入れてみると、味わいも深くなってきます。
飲むときに、蜂蜜を入れてみると、コクがあり自然な甘みを感じることができ野菜が苦手な方でもすべて飲みきれるようになるでしょう。

また、蜂蜜だけではなく、果物のジャムを少量入れてみることでも、違った味わいを感じることができます。

イチゴをはじめとしたジャムをプラスすることで、果物と野菜のバランスを楽しめるようになり、毎日飽きることなく飲めるようになるのです。
青汁は、水分として摂取するだけではなく、食品に混ぜてみたり、ペースト状にしてみることでもおいしく食べることができます。

ヨーグルトを食べる時に、混ぜることで青汁風ヨーグルトとして食べられます。

朝の忙しい時間帯の朝食として、子供のおやつ代わりとして食べられるので、健康が気になるときに試してみるとよいでしょう。

また、スイーツに使う方法として、アイスのソースとしての活用方法も存在しています。
アイスは、そのままにして食べてもおいしくなってきますが、青汁を少量の水で溶かしペースト状にしたうえで、アイスにかけることでおいしく食べられるのです。

この時のポイントとして抹茶風味の強いものを使ってみると、抹茶アイス代わりとして食べていくことができるでしょう。
色々なレシピを試してみれば、毎日おいしく食することができます。


PAGE TOP